40代でもお肌ピッカピカツルリンパ

アンチエイジングとはなんでしょうか。日本語でいうと抗老化、または抗加齢といいます。では具体的にアンチエイジングってどんな効果があるのでしょうか?

 

外部からの刺激に対して抵抗する大事な働きがある、味方的な存在である「活性酸素」が異常に増えることでコラーゲンが減少し、ターンオーバーが乱れやすくなります。

 

活動酵素は普段の生活習慣の乱れなどで、大量に増えてしまうことで健康な細胞までも破壊してしまうのです。そのため肌水分が減り乾燥肌が進み、シワやたるみ、シミがてき、実年齢よりも上に見られてしまうことがあるのです。

 

アンチエイジングは若かった頃の艶とハリのある肌を甦らせてくれるのです。ではどのようなことをすればいいのか具体的に調べてみましょう。

 

まずは食べ物から紹介していきます。アンチエイジングケアというとどうしてもスキンケアをイメージしてしまうのですが、外からのケアと同様に内側からのケアもとても重要になります。

 

要するに日頃の食生活が大切なのです。肌は乾燥・紫外線・酸化・糖化によって老化が進んでしまいます。体内に糖分が増えてしまうとタンパク質・コラーゲンと結びつき、肌機能に大切なコラーゲンが無くなってしまい、シワ・たるみ・シミを作り出してしまうのです。

 

なので美肌に大事なコラーゲン等が多く含まれた食材を中心に、毎日の食生活を見直していくことが大事になります。野菜ではトマト・にんじん・ブロッコリー・ごぼう・キャベツ・パセリなどがあります。

 

果物ではキウイ・ブルーベリー・りんご・ラズベリーなどがアンチエイジングに効果的です。魚介類である牡蠣、海藻、肉や卵などもあります。これらの食べ物をバランスよく摂取することを推奨します。

 

今度は内側からのケアではなく、外側のケアであるスキンケアを紹介します。スキンケアで重要なポイントはいくつかあります。まず全ての肌トラブルを生み出す乾燥を防ぐことです。保湿力の高い化粧水を使うといいでしょう。

 

また、面倒だからといって化粧水のみで終わらせるのではなく、乳液もきちんと使用しましょう。二つ目は紫外線のダメージを防ぐことです。紫外線を浴び続けることでシミやそばかすの原因になることはもちろん、しわやたるみまで引き起こしてしまいます。

 

日差しが出ていない曇りでも紫外線は出ています。必ず日焼け止めを塗り、こまめに塗りなおすようにしましょう。スプレータイプの日焼け止めを持っておくと楽に塗りなおすことができます。

 

三つ目は肌の糖化と酸化を防ぐことです。先ほども述べた通り、体内に糖分が増えてしまうとタンパク質・コラーゲンと結びつき、肌機能に大切なコラーゲンが無くなってしまい、シワ・たるみ・シミを作り出してしまいます。

 

酸化は外的ストレスや精神的ストレスが原因で引き起こされ、シミやシワの原因となります。食生活やスキンケアだけでなく睡眠などもアンチエイジングにとって重要になってきます。老化や肌トラブルの原因を把握し対応することが大切です。

更新履歴